知っておこう!身近な人が有名人になったときの接し方

自分のことのように嬉しい

ある人がスポーツの試合で好成績を挙げると、たちまち「時の人」になりますよね。また、その人のことを知らなかった人まで、興味や関心を持つことも少なくありません。

もし、その人が自分の親戚や友人だったらどうでしょうか。やはり、自分のことのように嬉しくなるのではないでしょうか。また、その人とあまり付き合いがなくても、これを機に接するチャンスがあるかもしれませんね。

自分も注目されるかも

その人がスポットを浴びると、自分が注目されることも少なくありません。試合を応援する様子をテレビで放映されることは定番ですよね。勝利後のインタビューや、その人とのエピソードなど、メディアは情報収集に余念がありません。そのため、自分が取材を受けることもでてくるでしょう。

身近な人が快挙を成し遂げたときは、自分も嬉しいものです。そのようなとき、インタビューを受けると、ついつい顔がほころんでしまいます。また、喜びをみんなで分かち合いたいという純粋な気持ちは、多くの人にあるのではないでしょうか。

今後の付き合い方が大事

身近な人が有名人になると、今後の付き合い方に悩むかもしれません。もし、迷ったときは、相手の気持ちになって考えることが大事です。そうすることで、おのずと答えが出てくるのではないでしょうか。

まわりから注目されると、息つく暇もないかもしれませんね。そのようなとき、気持ちを受け止めてもらえる人が必要なのです。もし、親戚や友人が有名になった場合も、これまでと同じように接しましょう。SNSなどでプライバシー情報を発信することがないように、くれぐれも注意が必要です。

山本英俊はパチンコ機器卸で有名な会社の代表取締役会長であり、馬主としても長年日本競馬に力を入れています。

Scroll to Top