こんなも書きやすい!?CADを使った図面作成

CAD導入が必要なわけ

若手は難なくCADを使って図面を書いています。手書きの図面は学生時代に少し使っただけか、或は、初めからCADの経験しか無いのが最近の若い技術者です。それに引き換え、中高年でCADを覚え損ねた人の中には、もうCADが覚えられないのではと半ば諦めている方も多いはずです。しかし、これからも技術者を続けるのであれば、CADを覚えることは避けては通れません。作図の世界でもITの利用が進んでいます。自分だけが利用するならともかく、他の人に見てもらう図面はもはやCADで作成しなければ通用しません。

手書きとCADの違い

手書き図面にも良いことはあります。感覚的に書くことができ、スピードが速いのは今でも手書き図面の利点です。しかし、1枚の図面を感覚的に書く場合は良くても、複数の図面を他者と協力して書く場合は、CADにはかないません。CADの利点は一度書いた図面やその部分を簡単にコピーして利用できることです。一度書いた図面は複数の技術者が共有できるので、作図の効率が格段に向上します。

手軽にできるCADの導入

CADの導入はパソコンさえあれば、比較的簡単です。初めての中高年でも、覚える気があれば習得が可能です。大手の会社や官公庁で使用する有料のもの以外でも、無料で入手できる汎用のCADもあります。パソコンと印刷のためのプリンター、それに、インターネットへの接続環境があれば、CADの導入は楽にできます。解説書も多く出版されているので、独学で操作を覚えることも可能です。

電気CADは、回路図設計CADとプリント基板設計CADの2種類があります。どちらも、最近のCADはシミュレーションができるのが特徴です。

Scroll to Top