意外と知らない!?太陽光発電メリット・デメリット

そうだったの!?太陽光発電の仕組み

なんで太陽光で電気ができるの!?そう考えたことはありませんか?そこで、意外と知らない太陽光発電の仕組みを解説していきます。太陽光発電は、光エネルギーから電気を作る太陽電池を利用した発電方法です。電球に電流を流すと発光しますよね。太陽光発電は半導体に光を照射することによって電流を発生するという「光電効果」を利用して、発電しています。

高すぎ?太陽光発電にかかる費用とは

太陽光発電を設置するには、設置面積によっても変わってきますが、一般的に200万円から300万円かかるといわれています。普通乗用車一台分と考えるとよいでしょう。

元はとれない?太陽光発電の損得とは

一番大切となってくるのが、太陽光発電を設置して元はとれるのかという話です。結論から言うと、元はとれます。当然、地域差や気象条件によっても変わってきますが、元はとれないとは言い難いでしょう。太陽光発電には、売電という仕組みがあり、余剰の発電分を電力会社が買い取ってくれるというものです。しかしながら、太陽光発電には注意すべき点がたくさんあります。まず初めに、維持費用です。20年間で30万円ほどかかるといわれています。その他にも、反射光によるトラブルや雨漏りのリスクなどがあります。

結局どうすべきなの?まとめ

太陽光発電には、メリットだけではなく、たくさんのリスクがあります。太陽光発電を設置するうえで、数あるデメリット(リスク)を正確に把握しなければなりません。しかしながら、太陽光による発電は、石炭や石油を燃やすわけではないので、資源を使わず、また二酸化炭素を排出せずに発電することが可能で、環境にやさしいクリーンエネルギーであるとも言えます。メリットとデメリットを天秤にかけ、設置するかどうかを判断するとよいでしょう。

太陽光発電を名古屋で設置するなら実績ある施工会社が良いでしょう。説明も懇切丁寧、安心して相談できます。

Scroll to Top