CADってなに?製図に使うCADの大きな特徴とは?

そもそもCADってなに?

CADとはどんなものなのでしょうか。CADは「Computer Aided Design(コンピュータ設計支援)」のことで、コンピュータを使った設計ツールまたは設計そのもののことを指します。最近では電気、建築、土木などその分野を問わず、設計や製図はCADで行われるのが一般的です。ではそのようなCADにはどのような特徴があるのでしょうか。

CADの二つの大きな特徴

CADの大きな特徴として、次の二つがあります。
一つは線を均一に書くことができるという点です。例えば製図において直線というのは均一に書こうと思うとかなり難しいものです。また一言で直線といっても示したいものに合わせて太さや濃さを変えなくてはなりません。これを仕事として当たり前のようにこなすにはかなりの経験と慣れが必要で、すぐにできるものではありません。しかしCADではそういった線の違いを簡単に表すことができます。コンピュータで設定を変えるだけなので誰でも簡単に、均一に線を書くことができるのです。

もう一つの大きな特徴は3Dで製図をすることができるという点です。紙の上での製図では立体の構造物などを表現することはできても、図は平面となってしまいます。しかしCADを使えば、そのような立体のものでも3Dを使って製図をすることが可能なのです。3Dを使った製図の利点は多く、紙上では表現できない設計や立体の感覚的な理解を可能とします。
もちろんCADの特徴というのはここに挙げたもの以外にもありますが、これら二つは紙よりCADを利用する理由となるくらい大きな特徴なのです。

水道CADは水道管の工事に用いる設計図の作成に特化したソフトなので、配管工事を受け付ける業者には必須です。設計図作りの効率を向上させる他、修正も容易なので細かい変更にも対応することが出来ます。

Scroll to Top