気持ちが晴れなかったら心療内科で受診しましょう

うつ状態で身体がだるいと感じたら心療内科へ

仕事や人間関係のストレスで心が疲れている人が多くいます。そのために、身体がだるいと感じたり、何もしたくなかったり、食欲がわかなかったりします。そんな時はうつ状態がこじれる前に早めに心療内科を受診しましょう。心療内科では、心が疲れた原因を聞き取り、必要であれば投薬をしたり、あるいは仕事を休むことによって心を休ませるようにします。

うつ状態が辛いと思うのは自分だけではなく、世の中にはたくさんの心を病んでいる人がいます。ただし、投薬と仕事を休むことですっかり気持ちも楽になり、再び職場に復帰して元気に働く人も多くいます。辛い気持ちをそのままにしておけばより一層辛くなり、ひどい状態になる可能性があります。その前に心療内科に行きましょう。

意外と心療内科に通院している人はいます

心療内科に通院している人など、あまりいないのではないだろうかと行く前には不安な気持ちを持つことと思います。でも行ってみると患者は多くいます。一見、普通のように見える人も待合室にはいます。どこが悪いのか信じられないほどです。

もしうつ状態が良くなって職場の人に、実は自分はうつ状態で苦しんでいたということを白状したら意外と多くの人が同じような経験をしているので驚くこともあります。うつ状態など全く関係ないように見えるいつも元気な人も、人知れず悩んでいた時期があって心療内科に通院していたことがわかり自分だけではないことで妙な安心感があります。うつ状態は心の風邪のようなもので、だれでもなる可能性があります。

岡山の心療内科では、患者さんの気持ちに寄り添ったメンタルケアを行っています。情緒不安定、寝ることに関する悩みがあるといった悩みをお持ちの場合、自然豊かな環境で治療を行ってみませんか?

Scroll to Top