悩んでいるなら思い切って女性器整形!その方法とは?

小陰唇の大きさを改善するには?

女性性器の悩みで一番多いのが小陰唇の大きさです。小陰唇が大きくはみだしている、左右の大きさが違うなどの症状で、施術方法は肥大した箇所をヒダの厚さや形に合わせて切開していきます。縫合まで合わせても1時間程の手術時間で、術後の痛みには個人差がありますが、腫れは1ヶ月程度でほとんどの人が引いていきます。

クリトリス包茎を改善するには?

パートナーに指摘されてクリトリス包茎である事を気付く人が多いです。恥垢が溜まる、不感症などの症状が現れますが、手術をすれば改善出来ます。クリトリスは包皮で守られているものなので、最低限必要な部分は残して切除していきます。時間は20~30分程度で、手術によって余分な皮膚が無くなるとポケットが浅くなって清潔に保てるようになります。

大陰唇の悩みを改善するには?

大陰唇の悩みとなりうる原因は加齢や痩せによるもので、シワやたるみが目立つようになります。見た目が悪いだけではなく、触った時に弾力が無かったり、性行為の際に骨が当たって痛みを感じてしまいます。治療法はシワやたるみが気になる部分は部分切除を行いますが、黒ずみが目立つ場合も大陰唇縮小手術で除去が可能となります。

処女膜の再生治療をするには?

処女膜は性交渉にのみによって破れる訳ではありません。激しいスポーツや何らかの刺激によって破れる事もあり、パートナーとの信頼関係においてもナイーブな悩みと成り得ます。処女膜が自然に再生する事は無いので、手術で治療するしかありません。損傷している部分を元の状態に戻すように切開して縫合していくという方法です、15~20分程度の手術で終了します。

女性器整形は一般的になるのでしょうか。顔の整形や身体の脂肪吸引、脱毛などに関しては、やった事がある女性も多いと思います。今後、時代の流れで変わる事があるかもしれません。

Scroll to Top