工場に勤務する方々は知っておきたい!設備機器の洗浄方法・酸洗いとは

化学洗浄の有用性を理解しよう

化学洗浄は、酸や界面活性剤など化学薬品を用いて汚れを取り除く手法です。あらゆるタイプの設備機器の洗浄に利用可能です。美しい見た目に一変させると共に、機器本来の性能を蘇らせる効果を期待できます。その上、生産性や作業効率の向上を図れます。また、定期的に化学洗浄を実施しておけば、腐食や故障を防止でき、長期間にわたって設備機器を使い続けられますね。修理や買い替えの頻度を減らし、設備投資にかかる費用の軽減を望めます。

特に、工場では化学洗浄が役立つ場面が少なくありません。工場内に設置されているボイラは、管の内部に酸化物が付着し、被膜が形成されやすいです。被膜を放置し続けた場合、ボイラの材質の劣化によって、大規模な事故が発生しかねません。事業所自体が多大な損失を被るだけでなく、周辺地域に迷惑をかける事態に陥る危険性があります。事故を未然に防ぐ方策として化学洗浄が有用です。化学洗浄を行う際には、作業の対象となるボイラの構造・材質と共に、管の内部に付着している被膜の性状を調査します。調査結果に基づいて洗浄する計画を立て、施工します。

化学洗浄において酸洗いが重要な理由

酸洗いは、化学洗浄の工程において特に重要です。金属製品の表面に生じた酸化物を綺麗に取り除く作業です。塩酸や硫酸など酸性の液体に金属製品を浸漬させ、表面を洗い流します。しっかりと酸洗いが行われていなければ、加工する作業を何回もする可能性が高いです。製品の表面に凹凸が生じている場合、メッキを密着させることが難しいでしょう。

メッキや溶接などの金属加工を行う場合は、前処理として酸洗いで金属表面の酸化皮膜を取り除く必要があります。

Scroll to Top